生命保険を決めよう

ファイナンシャルプランナーという資格をご存知でしょうか。国家資格として認められた資格で、個人の資産や負債、収入、家族状況などから判断して、いろいろなライフスタイルに関して近い将来から老後までについて資金計画などのアドバイスをする専門知識を持つ資格です

ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)、またはファイナンシャル・プランニング(Financial Planing)の略でファイナンシャル(財政・家計)のプランナー(立案・計画者)またはプランニング(計画を立てる)という意味です。 通称FPとも言われている職業、職種のことなのです。

近年、人気の資格で取得する人も多くなってきて、就職活動の際にも有利な資格になっています。このファイナンシャルプランナーは、銀行や証券会社、生命保険会社、損害保険会社などの主に金融機関に属し、それらの金融商品を売るなどの仕事をしていて、生命保険もそのうちの一つになります。

みなさんは、生命保険を決める場合、家庭や職場に来た生命保険会社の営業マンに言われるまま、加入してはいませんか。もしくは、知り合いから紹介されたとか、どの保険も同じようなものだからという理由で安易に決めてしまってはいませんか。ある程度タイミングも必要ですが、内容も知っておかないといざという時に使えない保険だったり、必要以上に特約がついていたりして高額の掛金になってしまっているということもあります。少しでも後悔のないようにするためには、やはりファイナンシャルプランナーの意見も参考にしてみるのがお勧めです。最近では、無料相談をしてくれるところも多くありますので、一度訪れてみましょう。