いろいろな生命保険

できれば生命保険はやはり一つくらいは入っておいたほうがよいでしょう。いつどんな時に病気になるかは人それぞれで予想できるものではありません。軽い病気なら、治療費も入院期間もわずかなものでしょうが、もしも思わぬ重い病気にかかってしまったら、その間の収入は途絶え、現在ある範囲でのやりくりをしなければなりません。

また、治療法も今ではさまざま方法があり、最近注目されている治療として、社会保険や国民保険では利用できない先進医療と言われる治療があります。一度の治療が数百万から数千万というかなり高額な治療ですが、もしも、それが効果あるものだとしたら、ぜひ受けたいと思うのではないでしょうか。生命保険の種類にもよりますが、その先進医療を対象にしている保険も最近では数多くなってきています。

さらに、ひと昔前までは入院と言えば、だいたい数日から数か月もの間というのがありましたが、最近では日帰り手術などの医学の進歩により、入院期間も1日からとなっています。生命保険もこれらの状況を考えて、どんどん新しいものや特約をつけられるものなどが出てきています。以前に加入した保険だと適用にならない場合もあるので、この機会にご自身の生命保険の契約内容をチェックしてみることをお勧めします。