生命保険を決めよう

ファイナンシャルプランナーという資格をご存知でしょうか。国家資格として認められた資格で、個人の資産や負債、収入、家族状況などから判断して、いろいろなライフスタイルに関して近い将来から老後までについて資金計画などのアドバイスをする専門知識を持つ資格です

ファイナンシャルプランナー(Financial Planner)、またはファイナンシャル・プランニング(Financial Planing)の略でファイナンシャル(財政・家計)のプランナー(立案・計画者)またはプランニング(計画を立てる)という意味です。 通称FPとも言われている職業、職種のことなのです。

近年、人気の資格で取得する人も多くなってきて、就職活動の際にも有利な資格になっています。このファイナンシャルプランナーは、銀行や証券会社、生命保険会社、損害保険会社などの主に金融機関に属し、それらの金融商品を売るなどの仕事をしていて、生命保険もそのうちの一つになります。

みなさんは、生命保険を決める場合、家庭や職場に来た生命保険会社の営業マンに言われるまま、加入してはいませんか。もしくは、知り合いから紹介されたとか、どの保険も同じようなものだからという理由で安易に決めてしまってはいませんか。ある程度タイミングも必要ですが、内容も知っておかないといざという時に使えない保険だったり、必要以上に特約がついていたりして高額の掛金になってしまっているということもあります。少しでも後悔のないようにするためには、やはりファイナンシャルプランナーの意見も参考にしてみるのがお勧めです。最近では、無料相談をしてくれるところも多くありますので、一度訪れてみましょう。

いろいろな生命保険

できれば生命保険はやはり一つくらいは入っておいたほうがよいでしょう。いつどんな時に病気になるかは人それぞれで予想できるものではありません。軽い病気なら、治療費も入院期間もわずかなものでしょうが、もしも思わぬ重い病気にかかってしまったら、その間の収入は途絶え、現在ある範囲でのやりくりをしなければなりません。

また、治療法も今ではさまざま方法があり、最近注目されている治療として、社会保険や国民保険では利用できない先進医療と言われる治療があります。一度の治療が数百万から数千万というかなり高額な治療ですが、もしも、それが効果あるものだとしたら、ぜひ受けたいと思うのではないでしょうか。生命保険の種類にもよりますが、その先進医療を対象にしている保険も最近では数多くなってきています。

さらに、ひと昔前までは入院と言えば、だいたい数日から数か月もの間というのがありましたが、最近では日帰り手術などの医学の進歩により、入院期間も1日からとなっています。生命保険もこれらの状況を考えて、どんどん新しいものや特約をつけられるものなどが出てきています。以前に加入した保険だと適用にならない場合もあるので、この機会にご自身の生命保険の契約内容をチェックしてみることをお勧めします。

生命保険の無料相談

みなさんは、生命保険に加入されていますか。若いうちはなかなかピンと来ないものですが、年齢を重ねるにつれ、将来のことはいろいろ不安になってくるものですが、中でも健康のことについては一番気になるところでしょう。できれば、年齢が若いうちに早くから生命保険に加入したほうが安く加入できるのでお得なのですが、実感として必要性を感じないうちは難しいものです。若いだけでほとんどの人たちは、気力体力ともに充実し、実際病気になるリスクも少ないため、保険料も安く設定されているのですが、どうしても後回しになりがちです。

また、生命保険の種類自体も各保険会社によって多種多様の保険が設定されており、特徴を把握して選ぶのが大変です。例えば、終身保障するものや、保障の年齢が区切られているもの、掛金が一生変わらないもの、年齢とともに掛金が増えていくもの、ある一定の時期に配当金があるものなどがあります。最近は、そういった事情を考えて、どこに入ったらいいか迷っている場合に適切なアドバイスを受けられる業者も出てきました。そこでは、いわゆるファイナンシャルプランナーという資格を持ったプロのアドバイザーともいうような人たちが無料で相談に乗ってくれます。生命保険の加入について、迷ったらぜひ利用してみてはいかがでしょうか。なお、ファイナンシャルプランナーは単純な保険についてだけでなく、資産運用などについても精通していますので、そういった面でも頼りになることでしょう。